覚を含む熟語・慣用句・名詞など

覚を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

覚の付く文字数別熟語

二字熟語
圧覚円覚縁覚温覚覚書覚一覚運覚王覚悟
>>2字熟語一覧
三字熟語
円覚経円覚寺縁覚乗過覚醒覚えず覚え帳覚園寺覚信尼[人名]・覚醒剤
>>3字熟語一覧
四字熟語
愛新覚羅一つ覚え運動感覚温度感覚覚醒亢進感覚器官感覚細胞感覚遮断感覚障害
>>4字熟語一覧
五字熟語
化学的感覚覚行法親王[人名]・言語聴覚士三世の覚母三明の覚路視覚補助具視聴覚教育守覚法親王春の目覚め
>>5字熟語一覧
六字熟語
感覚性失語症寝覚め提げ重目覚まし時計覚醒剤取締法愛新覚羅慧生[人名]・愛新覚羅溥儀[人名]・愛新覚羅溥傑[人名]・覚胤入道親王[人名]・覚深入道親王[人名]
>>6字熟語一覧

覚を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

視覚障害生活訓練指導員
視覚障害生活訓練等指導者

文章中に「覚」が使われいる作品・書籍

ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
の内職をすて、」]宴会はもとより学会にも出ないで、専心研究に従事した時代は感嘆するの外はない、晩年に感も鈍り、ぼんやりと椅子《いす》にかかりて、西向きの室から外を眺めつつ日を暮らし、終に眠るがごとくにこ....
隅田の春」より 著者:饗庭篁村
《か》きならす爪音《つまおと》、いにしへの物語ぶみ、そのまゝの趣《おもむき》ありて身も心も清《きよ》く《おぼ》えたり、此《こ》の帰るさ、またもとの俗骨《ぞくこつ》にかへり、我《われ》も詩を作る事《こと》....
良夜」より 著者:饗庭篁村
に愛せられて、幼きより手習《てならい》学問のこと、皆な伯父の世話なりし。自ら言うは異な事なれど、予は物えよく、一を聞て二三は知るほどなりしゆえ、伯父はなお身を入れてこの子こそ穂垂という家の苗字を世に知ら....
スポンサーリンク