嵩書き順 » 嵩の熟語一覧 »嵩山の読みや書き順(筆順)

嵩山の書き順(筆順)

嵩の書き順アニメーション
嵩山の「嵩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
山の書き順アニメーション
嵩山の「山」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

嵩山の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. すう-ざん
  2. スウ-ザン
  3. suu-zan
嵩13画 山3画 
総画数:16画(漢字の画数合計)
嵩山
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
嵩山と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
山嵩:んざうす
嵩を含む熟語・名詞・慣用句など
一嵩  気嵩  嵩山  嵩高  嵩む  年嵩  値嵩  増嵩  水嵩  水嵩  金嵩  荷嵩  嵩俊海  平山嵩  高嵩谷  嵩ずる  嵩じる  嵩張る  嵩上げ  嵩高い  値嵩株  仙巌元嵩  浅野嵩山  大嵩ミツ  大野俶嵩  池田嵩山  波多嵩山  嵩山居中  松平信嵩  磯田嵩山  葛飾北嵩  巌渓嵩台  嵩に回る  佐脇嵩雪  佐脇嵩之  夢嵩良真  嵩から出る  嵩に懸かる    ...

嵩山の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

中国怪奇小説集」より 著者:岡本綺堂
ん》は字《あざな》を君安《くんあん》といい、長安《ちょうあん》の人である。漢の成帝《せいてい》のときに嵩山《すうざん》に入って異人に仙術を伝えられ、遂にその秘訣を得て、心のままに鬼を使うことが出来るように....
運命」より 著者:幸田露伴
ょう》無く、元末より既に名を天下に馳《は》せたり。其の道衍《どうえん》と識《し》るに及びたるは、道衍が嵩山寺《すうざんじ》に在りし時にあり。袁※《えんこう》道衍が相をつく/″\と観《み》て、是《こ》れ何ぞ....
道教に就いて」より 著者:幸田露伴
序を増した。即ち今の全本である。晋の王纂が道君に遇ひて、此經及び諸經數十卷を賜はり、元魏の時に寇謙之が嵩山に居りて修行し、太上を感ぜしめて此經并に餘經六十餘卷を授かつた。それから世に流布して、政和の天子の....
[熟語リンク]
-嵩を含む熟語
-山を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「嵩山」例文/複合語/意味