歓書き順 » 歓の熟語一覧 »歓待の読みや書き順(筆順)

歓待の書き順(筆順)

歓の書き順アニメーション
歓待の「歓」の書き順(筆順)動画・アニメーション
待の書き順アニメーション
歓待の「待」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

歓待の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-たい
  2. カン-タイ
  3. kan-tai
歓15画 待9画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
歡待
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
歓待と同一の読み又は似た読み熟語など
亜寒帯  冠帯  寒帯  環太平洋  環帯  緩怠  韓退之  時間帯  色素増感太陽電池  性感帯  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
待歓:いたんか
歓を含む熟語・名詞・慣用句など
歓ぶ  歓語  歓笑  歓心  歓声  歓然  歓送  旧歓  合歓  歓楽  歓待  歓談  交歓  合歓  歓娯  歓呼  歓迎  哀歓  歓喜  歓喜  歓会  歓楽境  歓楽街  合歓茶  合歓木  合歓木  野崎歓  草合歓  石井歓  歓喜日  歓喜天  歓喜地  歓喜団  合歓木  歓喜園  銀合歓  福田歓一  中村祇歓  藤原歓子  菽水の歓    ...

歓待の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

クラリモンド」より 著者:芥川竜之介
した家の子供達とか女役者とか奸黠な悪人とか佞人《ねいじん》とか空威張《からゐばり》をする人間とか――を歓待した。そして此様な生活に沈湎しながらも、わしは常にクラリモンドを忘れなかつた。わしは実に狂気のやう....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
いだを歩きまわっていたが、満足と上機嫌で大きくなった彼の顔は、丸く愉快で、秋の月のようだった。彼の客を歓待する挨拶《あいさつ》は簡単だが、心がこもっていた。握手して、肩をぽんとたたいて、哄笑《こうしょう》....
まあまあ居士の弁」より 著者:浅沼稲次郎
た時、マッカーサー元帥からの電報も来ている、自分も心から歓迎すると述べ、署名入の絵などを呉れて、非常に歓待してくれた。ところが市会では傍聴を禁止するという決議をしてしまった。つまり、市長の政治力の弱さ、市....
[熟語リンク]
-歓を含む熟語
-待を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「歓待」例文/複合語/意味