歓書き順 » 歓の熟語一覧 »歓娯の読みや書き順(筆順)

歓娯の書き順(筆順)

歓の書き順アニメーション
歓娯の「歓」の書き順(筆順)動画・アニメーション
娯の書き順アニメーション
歓娯の「娯」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

歓娯の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-ご
  2. カン-ゴ
  3. kan-go
歓15画 娯10画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
歡娯
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
歓娯と同一の読み又は似た読み熟語など
寒垢離  寒声  寒肥  寒肥やし  勘合  款語  歓語  漢語  環濠  監護  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
娯歓:ごんか
歓を含む熟語・名詞・慣用句など
歓ぶ  歓語  歓笑  歓心  歓声  歓然  歓送  旧歓  合歓  歓楽  歓待  歓談  交歓  合歓  歓娯  歓呼  歓迎  哀歓  歓喜  歓喜  歓会  歓楽境  歓楽街  合歓茶  合歓木  合歓木  野崎歓  草合歓  石井歓  歓喜日  歓喜天  歓喜地  歓喜団  合歓木  歓喜園  銀合歓  福田歓一  中村祇歓  藤原歓子  菽水の歓    ...

歓娯の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
、終不起、実八月十三日也」と、行状に書してある。 茶山は死に先つて「読旧詩巻」の五古を賦した。「老来歓娯少。長日消得難。偶憶強壮日。時把旧詩看。」さて生涯の記念を数へてかう云つた。「酔花墨川※。吟月椋湖....
十二支考」より 著者:南方熊楠
に残食を頂戴して舌を打つ覚悟なんだ。ただし時に懈怠《けたい》千万な猴が火を落したり、甚だしきは余念なく歓娯最中の客連の真中へ炬火を投げ込む事なきにあらず、その時は強く笞うちまた食を与えずして懲らす故閉口し....
空家」より 著者:宮崎湖処子
き顔を水に流し、給士|酌《しゃく》一人して立ち働き、一坐の雑《ざわ》めきに暫時悲しさを紛らしぬ、一坐の歓娯も彼が不運を予言するもののごとく何となく打ち湿り、互いに歌う鄙歌《ひなうた》もしばしば途切れ、たま....
[熟語リンク]
-歓を含む熟語
-娯を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「歓娯」例文/複合語/意味