醐書き順 » 醐の熟語一覧 »醍醐寺の読みや書き順(筆順)

醍醐寺の書き順(筆順)

醍の書き順アニメーション
醍醐寺の「醍」の書き順(筆順)動画・アニメーション
醐の書き順アニメーション
醍醐寺の「醐」の書き順(筆順)動画・アニメーション
寺の書き順アニメーション
醍醐寺の「寺」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

醍醐寺の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. だいご-じ
  2. ダイゴ-ジ
  3. daigo-ji
醍16画 醐16画 寺6画 
総画数:38画(漢字の画数合計)
醍醐寺
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
醍醐寺と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
寺醐醍:じごいだ
醐を含む熟語・名詞・慣用句など
醍醐  醍醐流  醍醐山  醍醐寺  醍醐味  醍醐冬基  醍醐忠順  醍醐輝弘  醍醐天皇  醍醐街道  醍醐の三流  醍醐新兵衛  醍醐の花見  後醍醐天皇    ...

醍醐寺の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
の大計をめぐらすの外に策なきを見たり。而して彼、法皇に奏して曰「東賊、既に来り迫る、願くは竜駕を擁して醍醐寺に避けむ」と、法皇従ひ給はず。彼憤然として階下に進み剣を按じ眦を決して、行幸を請ふ、益※急。法皇....
敵討札所の霊験」より 著者:三遊亭円朝
八番が長谷寺、九番が奈良の南円堂《なんえんどう》、十番が山城宇治の三室《みむろ》、十一番が上《かみ》の醍醐寺《だいごでら》、十二番が近江《おうみ》の岩間寺《いわまでら》、十三番が石山寺、十四番が大津の三井....
醍醐の里」より 著者:坂口安吾
君は上海《シャンハイ》旅行の途中で、京都は始めてだと言つてゐたが、自分を訪ねる前に見物してきたばかりの醍醐寺に、よほど感心したらしく、早速ポケットから絵葉書をとりだして説明しはじめたが、僕も京都は当時まつ....
[熟語リンク]
-醍を含む熟語
-醐を含む熟語
-寺を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「醍醐寺」例文/複合語/意味