醐書き順 » 醐の熟語一覧 »醍醐天皇の読みや書き順(筆順)

醍醐天皇[人名]の書き順(筆順)

醍の書き順アニメーション
醍醐天皇の「醍」の書き順(筆順)動画・アニメーション
醐の書き順アニメーション
醍醐天皇の「醐」の書き順(筆順)動画・アニメーション
天の書き順アニメーション
醍醐天皇の「天」の書き順(筆順)動画・アニメーション
皇の書き順アニメーション
醍醐天皇の「皇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

醍醐天皇の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. だいご-てんのう
  2. ダイゴ-テンノウ
  3. daigo-tennou
醍16画 醐16画 天4画 皇9画 
総画数:45画(漢字の画数合計)
醍醐天皇
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:4文字(4字熟語リストを表示する) - 読み:7文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
醍醐天皇と同一の読み又は似た読み熟語など
後醍醐天皇  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
皇天醐醍:うのんてごいだ
醐を含む熟語・名詞・慣用句など
醍醐  醍醐流  醍醐山  醍醐寺  醍醐味  醍醐冬基  醍醐忠順  醍醐輝弘  醍醐天皇  醍醐街道  醍醐の三流  醍醐新兵衛  醍醐の花見  後醍醐天皇    ...

醍醐天皇の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

辞書」より 著者:折口信夫
えるという、日本人が昔からもっている努力のあらわれということはいえる。 歌ことば 倭名鈔は、醍醐天皇の第四皇女|勤子《きんし》内親王の仰せによって、源順が奉ったといわれている。平安朝盛期に源為憲....
映画と民族性」より 著者:伊丹万作
をうたわれたが、殊に図中頼朝の坐像の美しさは比類がない。また、室町期以降の多くの武将の坐像、あるいは後醍醐天皇の坐像の安定した美しさなど、所詮椅子に腰掛けている人種のうかがい知るべきものではないが、私はこ....
松の操美人の生埋」より 著者:宇田川文海
孰《いず》れか深き、韓蘇紫兼《かんそしけん》の筆恐くは田夫野老の舌に及ばざらん、又他の一例を引んに、後醍醐天皇新田義貞に勾当《こうとう》の内侍を賜わる、義貞|歓喜《よろこび》の余り「されば死《し》ねとの仰....
[熟語リンク]
-醍を含む熟語
-醐を含む熟語
-天を含む熟語
-皇を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「醍醐天皇」例文/複合語/意味