偈書き順 » 偈の熟語一覧 »遺偈の読みや書き順(筆順)

遺偈の書き順(筆順)

遺の書き順アニメーション
遺偈の「遺」の書き順(筆順)動画・アニメーション
偈の書き順アニメーション
遺偈の「偈」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

遺偈の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ゆい-げ
  2. ユイ-ゲ
  3. yui-ge
遺15画 偈11画 
総画数:26画(漢字の画数合計)
遺偈
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
遺偈と同一の読み又は似た読み熟語など
結袈裟  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
偈遺:げいゆ
偈を含む熟語・名詞・慣用句など
遺偈  偈頌  頌偈  偈文  半偈  雪山偈  正信偈  妙法偈  正信念仏偈  諸行無常偈  七仏通戒偈  七仏通戒の偈    ...

遺偈の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

非凡人と凡人の遺書」より 著者:岡本一平
た。二人共遺言状を書く真剣さを用ゐて自分の魂をあらため験るのだつた。中々ずるい。 禅の方で遺言の詩を遺偈といふのだがこれには大概型がある。生涯の間、一秒間も三昧から外れた事も無く一生涯も一爪弾きの間も同....
般若心経講義」より 著者:高神覚昇
上げました。そして、従容《しょうよう》として刑場の露と消えたということです。時に彼三十一歳、その臨終の遺偈《いげ》は、まことにりっぱなものであります。「四大|元《もと》主なし。五|陰《おん》本来空。首《こ....
[熟語リンク]
-遺を含む熟語
-偈を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「遺偈」例文/複合語/意味