嗟書き順 » 嗟の熟語一覧 »咄嗟にの読みや書き順(筆順)

咄嗟にの書き順(筆順)

咄の書き順アニメーション
咄嗟にの「咄」の書き順(筆順)動画・アニメーション
嗟の書き順アニメーション
咄嗟にの「嗟」の書き順(筆順)動画・アニメーション
にの書き順アニメーション
咄嗟にの「に」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

咄嗟にの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. とっさ-に
  2. トッサ-ニ
  3. tossa-ni
咄8画 嗟13画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
咄嗟に
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
咄嗟にと同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
に嗟咄:にさっと
嗟を含む熟語・名詞・慣用句など
怨嗟  嘆嗟  歎嗟  嗟嘆  嗟歎  咄嗟  咄嗟に  嗟来の食    ...

咄嗟にの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

あばばばば」より 著者:芥川竜之介
き歩き、面白さうに赤子をあやしてゐる。それが赤子を揺《ゆ》り上げる拍子に偶然保吉と目を合はした。保吉は咄嗟に女の目の逡巡する容子《ようす》を想像した。それから夜目《よめ》にも女の顔の赤くなる容子を想像した....
地獄変」より 著者:芥川竜之介
よらない出来事には、いくら横道な良秀でも、ぎよつと致したのでございませう。慌てて画筆を投げ棄てながら、咄嗟に身をかがめたと思ふと、素早く蛇の尾をつかまへて、ぶらりと逆に吊り下げました。蛇は吊り下げられなが....
三つの窓」より 著者:芥川竜之介
の五六歩|隔《へだた》った後《のち》、俄《にわ》かにまた「おい待て」と声をかけた。 「はい。」 Sは咄嗟にふり返った。が、不安はもう一度|体中《からだじゅう》に漲《みなぎ》って来たらしかった。 「お前に....
[熟語リンク]
-咄を含む熟語
-嗟を含む熟語
-にを含む熟語
類語・類義語辞典
-咄嗟にの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「咄嗟に」例文/複合語/意味