婢書き順 » 婢の熟語一覧 »官奴婢の読みや書き順(筆順)

官奴婢の書き順(筆順)

官の書き順アニメーション
官奴婢の「官」の書き順(筆順)動画・アニメーション
奴の書き順アニメーション
官奴婢の「奴」の書き順(筆順)動画・アニメーション
婢の書き順アニメーション
官奴婢の「婢」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

官奴婢の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-ぬひ
  2. カン-ヌヒ
  3. kan-nuhi
官8画 奴5画 婢11画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
官奴婢
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
官奴婢と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
婢奴官:ひぬんか
婢を含む熟語・名詞・慣用句など
婢僕  下婢  侍婢  僕婢  奴婢  奴婢  老婢  侍婢  官奴婢  私奴婢  公奴婢  御伽婢子  神学の婢  真敷刀婢    ...

官奴婢の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

淡路人形座訪問」より 著者:竹内勝太郎
に依つて良民と賤民と雜戸とに三大別された。良民と云ふのは即ち農耕の民に限られてゐる。賤民は官戸・家人・官奴婢・私奴婢及び陵戸の五つである(喜田貞吉博士)。即ち何れも奉公人奴隷的境遇に置かれたもので、唯陵戸....
特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ」より 著者:喜田貞吉
は改めて後に申し述べましょう。 7 雑戸《ざっこ》と賤民 古代の賤民としては、右に述べた官戸・家人・官奴婢・私奴婢・陵戸の五つだけでありますが、これ以外に、別に雑戸《ざっこ》というものがありました。これ....
賤民概説」より 著者:喜田貞吉
、私|奴婢《ぬひ》の五種を数えている。しかしその官戸というは、次の家人というと同一種類に属するもので、官奴婢と私奴婢とを分ったと同じように、その所属が官にあることを示して区別したに過ぎない。もちろん官戸、....
[熟語リンク]
-官を含む熟語
-奴を含む熟語
-婢を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「官奴婢」例文/複合語/意味