挙書き順 » 挙の熟語一覧 »挙用の読みや書き順(筆順)

挙用の書き順(筆順)

挙の書き順アニメーション
挙用の「挙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
用の書き順アニメーション
挙用の「用」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

挙用の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きょ-よう
  2. キョ-ヨウ
  3. kyo-you
挙10画 用5画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
擧用
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
挙用と同一の読み又は似た読み熟語など
許容  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
用挙:うよょき
挙を含む熟語・名詞・慣用句など
出挙  挙兵  妄挙  挙白  妄挙  挙動  毛挙  立挙  挙党  挙達  挙措  挙税  挙税  挙世  挙人  挙人  挙用  挙例  暴挙  出挙  盛挙  薦挙  選挙  再挙  貢挙  壮挙  出挙  大挙  非挙  検挙  美挙  軽挙  携挙  愚挙  挙状  一挙  吹挙  挙足  枚挙  義挙    ...

挙用の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

運命」より 著者:幸田露伴
れて至る。太祖曰く、今孝孺を用いるの時に非《あら》ずと。太祖が孝孺を器重《きちょう》して、而《しか》も挙用せざりしは何ぞ。後人こゝに於《おい》て慮《りょ》を致すもの多し。然《しか》れども此《これ》は強いて....
法窓夜話」より 著者:穂積陳重
意の雄弁を法廷に振い、その名声は已に広く国内に喧伝した。二十歳を数えたとき、オランダ政府の国史編纂官に挙用され、二十四歳のとき、遂に検事総長の高官に任ぜられたが、かように迅速な立身はオランダにおいては前代....
明治開化 安吾捕物」より 著者:坂口安吾
にお分りであろうが、この文中の佐渡金山奉行とあるのは、云うまでもなく大久保長安のことである。 家康の挙用した人物中で、大久保長安は僧天海以上の怪物であったろう。彼はもと甲州の猿楽師で大蔵太夫と云ったそう....
[熟語リンク]
-挙を含む熟語
-用を含む熟語
類語・類義語辞典
-挙用の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「挙用」例文/複合語/意味