峙書き順 » 峙の熟語一覧 »対峙の読みや書き順(筆順)

対峙の書き順(筆順)

対の書き順アニメーション
対峙の「対」の書き順(筆順)動画・アニメーション
峙の書き順アニメーション
対峙の「峙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

対峙の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. たい-じ
  2. タイ-ジ
  3. tai-ji
対7画 峙9画 
総画数:16画(漢字の画数合計)
對峙
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
対峙と同一の読み又は似た読み熟語など
異体字  簡体字  金胎寺  九体寺  携帯情報端末  経帯時  国泰寺  準体助詞  招待状  神兵隊事件  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
峙対:じいた
峙を含む熟語・名詞・慣用句など
棋峙  対峙  峙つ  聳峙    ...

対峙の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

路上」より 著者:芥川竜之介
」と、思ったよりもはっきりした返事をした。 「画は却々《なかなか》うまい。優《ゆう》に初子さんの小説と対峙《たいじ》するに足るくらいだ。――だから、辰子さん。僕が好《い》い事を教えて上げましょう。これから....
近頃の幽霊」より 著者:芥川竜之介
の幽霊は振《ふる》つてゐませう。さうかと思ふと、仏蘭西《フランス》の女の兵隊と独逸《ドイツ》の兵隊とが対峙《たいぢ》してゐる、独逸の兵隊は虜《とりこ》にした幼児を楯《たて》にして控《ひか》へてゐる。其時戦....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
なった瞬間、ぴんと立ち、しゃんとして、相かわらず頭を高く上げているのだった。 公然と戦場で彼の敵と相対峙《あいたいじ》するのは正気の沙汰《さた》ではなかった。なにしろ敵は恋路を邪魔されて引きさがるような....
[熟語リンク]
-対を含む熟語
-峙を含む熟語
類語・類義語辞典
-対峙の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「対峙」例文/複合語/意味