悵を含む熟語・慣用句・名詞など

悵を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

悵の付く文字数別熟語

二字熟語
悵然
>>2字熟語一覧
>>3字熟語一覧
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

悵を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「悵」が使われいる作品・書籍

木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
、膏雨桃李花落つるの時、松殿の寵姫と共に、酔うて春に和せる往年の栄華、今はた、何処にかある。是に於て彼然として兼平に云つて曰「首を敵の為に得らるゝこと、名将の恥なり、いくさやぶれて自刃するは猛将の法なり....
秋山図」より 著者:芥川竜之介
えろくにしないのです。そこで翁はやむを得ず、この荒れ果てた家のどこかに、蔵している名画を想いながら、惆《ちゅうちょう》と独《ひと》り帰って来ました。 ところがその後《ご》元宰《げんさい》先生に会うと、....
東京小品」より 著者:芥川竜之介
の土を踏んで間《ま》もない彼と雖《いへど》も明白である。彼は床の上に坐つた儘、着換をする元気も失つて、然《ちやうぜん》と徒《いたづ》らに長い手足を見廻した。―― 「だから、その晩の下足札《げそくふだ》を....
スポンサーリンク