すを含む熟語・慣用句・名詞など

すを含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

すの付く文字数別熟語

二字熟語
馳す煤す曝す撫す絆す回す廻す坐す座す
>>2字熟語一覧
三字熟語
鏡なす差す手指す神心失す心咽す長どす返す書揺すり指す肘
>>3字熟語一覧
四字熟語
握り潰す雲居なす管野すが[人名]・玉はやす玉藻なす君が差す見す見す高照らす刺す竹の
>>4字熟語一覧
五字熟語
扱き下ろす金子みすゞ[人名]・五月蠅なす指すの神子時とすると小夜すがら天を摩する馬鹿にする軍配を返す
>>5字熟語一覧
六字熟語
横すべり断層学問のすゝめ若しかすると真っすぐな道天機を洩らす馬脚を露わす小馬鹿にする鼻を高くする鼻毛を伸ばす
>>6字熟語一覧

すを含む11文字以上の言葉・ことわざなど

小人閑居して不善をなす
灯滅せんとして光を増す
勾張り強くして家を倒す
水は舟を載せ又舟を覆す
威福をほしいままにする
万人の万人に対する戦い
すこやか未来積立傷害保険
拡散に対する安全保障構想
臨床研究に関する倫理指針
医療に関する永続的委任状
手習いは坂に車を押す如し
兎死すれば狐これを悲しむ
灯火消えんとして光を増す
朽索の六馬を馭するが如し
薬人を殺さず薬師人を殺す
終わり良ければすべて良し
虎を養いて自ら患いを遺す
信心過ぎて極楽を通り越す

文章中に「す」が使われいる作品・書籍

駅伝馬車」より 著者:アーヴィングワシントン
願ふのは、いかめしい叡知はしばらく忘れて純一な休日氣分にひたり、愚かしきことをも寛き心を以て許し、ひたら愉樂をのみ求められんことである。 十二月のこと、ヨークシャを旅行の途上、長い道程をわたしは驛傳馬....
クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
んりんと疾驅した。馭者は絶え間なく鞭を打鳴し、馬は暫く勢よく疾走を續けた。「馭者は行先を心得てゐるので」わたしの道連れは笑ひながら云つた。「それに召使部屋がまだ賑かに笑ひさざめいてゐるうちに行き着かうと....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
ぎる静寂を破る響はそれくらいのものだ。 思いおこしてみると、わたしがまだ少年のころはじめて栗鼠射《りう》ちで手柄をたてたのは、この渓谷の片側に茂っている高い胡桃《くるみ》の木の林だった。わたしがその林....
スポンサーリンク