眇書き順 » 眇の熟語一覧 »眇然の読みや書き順(筆順)

眇然の書き順(筆順)

眇の書き順アニメーション
眇然の「眇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
然の書き順アニメーション
眇然の「然」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

眇然の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. びょう-ぜん
  2. ビョウ-ゼン
  3. byou-zen
眇9画 然12画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
眇然
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
眇然と同一の読み又は似た読み熟語など
病前  渺然  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
然眇:んぜうょび
眇を含む熟語・名詞・慣用句など
眇然  眇目    ...

眇然の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

虞美人草」より 著者:夏目漱石
を見抜いたものは一人《いちにん》もない。自分の母を見抜かなければ自分に同情しようはずがない。甲野さんは眇然《びょうぜん》として天地の間《あいだ》に懸《かか》っている。世界滅却の日をただ一人《ひとり》生き残....
浮雲」より 著者:二葉亭四迷
。この「ガ」奴《め》が、藕糸孔中《ぐうしこうちゅう》蚊睫《ぶんしょう》の間にも這入《はい》りそうなこの眇然《びょうぜん》たる一小「ガ」奴《め》が、眼の中《うち》の星よりも邪魔になり、地平線上に現われた砲車....
[熟語リンク]
-眇を含む熟語
-然を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「眇然」例文/複合語/意味