韮書き順 » 韮の熟語一覧 »韮山の読みや書き順(筆順)

韮山の書き順(筆順)

韮の書き順アニメーション
韮山の「韮」の書き順(筆順)動画・アニメーション
山の書き順アニメーション
韮山の「山」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

韮山の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. にらやま
  2. ニラヤマ
  3. nirayama
韮12画 山3画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
韮山
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
韮山と同一の読み又は似た読み熟語など
韮山笠  韮山頭巾  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
山韮:まやらに
韮を含む熟語・名詞・慣用句など
水韮  花韮  辣韮  茎韮  韮山  韮崎  姫韮  韮黄  韮崎市  韮レバ  山辣韮  レバ韮  辣韮漬  韮菜苔  韮山笠  韮の根草  韮山頭巾    ...

韮山の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
昼でも蛙がそうぞうしくきこえた。その堤下の小料理屋から二人づれの男が出て来た。 ひとりは筒袖だん袋に韮山笠《にらやまがさ》をかぶった歩兵である。他のひとりは羽織袴の侍風で、これも笠をかぶっていた。かれら....
小田原陣」より 著者:菊池寛
戦であって、遂に軍議は籠城説に決定した。 そこで直ちに箱根方面の防備は固められた。先ず要鎮の一である韮山《にらやま》城は、氏政の弟、氏則が守り、山中城には城将松田康長の外に、朝倉|景澄《かげずみ》等の腹....
丹那山の怪」より 著者:江見水蔭
た。それで、どうもこれは、飯綱遣《いいづなつか》いであろう。でなくは切支丹《きりしたん》ではないかと、韮山《にらやま》で興行の折は、江川太郎左衛門《えがわたろうざえもん》様の手代衆が一応お調べになりまして....
[熟語リンク]
-韮を含む熟語
-山を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「韮山」例文/複合語/意味