饂書き順 » 饂の熟語一覧 »饂飩の読みや書き順(筆順)

饂飩の書き順(筆順)

饂の書き順アニメーション
饂飩の「饂」の書き順(筆順)動画・アニメーション
飩の書き順アニメーション
饂飩の「飩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

饂飩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. わんたん
  2. ワンタン
  3. wantan
饂19画 飩13画 
総画数:32画(漢字の画数合計)
饂飩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
饂飩と同一の読み又は似た読み熟語など
雲呑  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
飩饂:ンタンワ
饂を含む熟語・名詞・慣用句など
饂麺  饂飩  饂飩  饂飩  力饂飩  饂飩粉  狸饂飩  素饂飩  狐饂飩  皿饂飩  饂飩鋤  かす饂飩  饂飩豆腐  紐革饂飩  乾し饂飩  芋川饂飩  掛け饂飩  釜揚饂飩  月見饂飩  倹飩饂飩  鍋焼饂飩  焼き饂飩  干し饂飩  平打ち饂飩  夜鳴き饂飩  カレー饂飩  ハイカラ饂飩    ...

饂飩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

歌行灯」より 著者:泉鏡花
、 と沖の浪の月の中へ、颯《さっ》と、撥《ばち》を投げたように、霜を切って、唄い棄《す》てた。……饂飩屋《うどんや》の門《かど》に博多節を弾いたのは、転進《てんじん》をやや縦に、三味線《さみせん》の手....
唄立山心中一曲」より 著者:泉鏡花
さきをお急ぎ下さるであろうと思う、で、簡単にその次第を申上げる。 所は信州|姨捨《おばすて》の薄暗い饂飩屋《うどんや》の二階であった。――饂飩屋さえ、のっけに薄暗いと申出るほどであるから、夜の山の暗い事....
伊勢之巻」より 著者:泉鏡花
袂《たもと》を連ねて、式《かた》のごとく、お茶あがりまし、お休みなさりまし、お飯《まんま》上りまし、お饂飩《うどん》もござりますと、媚《なま》めかしく呼ぶ中を、頬冠《ほっかむり》やら、高帽やら、菅笠《すげ....
[熟語リンク]
-饂を含む熟語
-飩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「饂飩」例文/複合語/意味