易書き順 » 易の熟語一覧 »易水の読みや書き順(筆順)

易水の書き順(筆順)

易の書き順アニメーション
易水の「易」の書き順(筆順)動画・アニメーション
水の書き順アニメーション
易水の「水」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

易水の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. えき-すい
  2. エキ-スイ
  3. eki-sui
易8画 水4画 
総画数:12画(漢字の画数合計)
易水
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
易水と同一の読み又は似た読み熟語など
粘液水腫  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
水易:いすきえ
易を含む熟語・名詞・慣用句など
軽易  容易  易い  変易  簡易  易ゆ  改易  貿易  難易  易簀  辟易  周易  険易  交易  交易  易易  健易  易易  変易  三易  算易  存易  易卜  安易  不易  易行  易経  易学  易化  平易  変易  易往  易易  易者  易水  易世  易田  易田  易断  易姓    ...

易水の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

「鏡花全集」目録開口」より 著者:芥川竜之介
其の明治大正の文芸に羅曼《ロマン》主義の大道を打開し、艶《えん》は巫山《ふざん》の雨意よりも濃に、壮は易水の風色よりも烈なる鏡花世界を現出したるは啻《ただ》に一代の壮挙たるのみならず、又実に百世に炳焉《へ....
閉戸閑詠」より 著者:河上肇
く、如何にせば宜しからんと迷ひ居るうち、夢始めて醒め、暫くは果して夢なりしかと疑ふほどなりき 欲重臨易水 重ねて易水に臨まんとし、 夢破粟膚生 夢破れて粟膚生ぜり。 嘗臥幽囹月 嘗て幽囹の月に臥す....
四十年前」より 著者:内田魯庵
たくて、終に欧化政策の張本人としての責を引いて挂冠したが、潮の如くに押寄せると民論は益々政府に肉迫し、易水剣を按ずる壮士は慷慨激越して物情|洶々《きょうきょう》、帝都は今にも革命の巷《ちまた》とならんとす....
[熟語リンク]
-易を含む熟語
-水を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「易水」例文/複合語/意味