就書き順 » 就の熟語一覧 »遊就館の読みや書き順(筆順)

遊就館の書き順(筆順)

遊の書き順アニメーション
遊就館の「遊」の書き順(筆順)動画・アニメーション
就の書き順アニメーション
遊就館の「就」の書き順(筆順)動画・アニメーション
館の書き順アニメーション
遊就館の「館」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

遊就館の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ゆうしゅう-かん
  2. ユウシュウ-カン
  3. yuusyuu-kan
遊12画 就12画 館16画 
総画数:40画(漢字の画数合計)
遊就館
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:7文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
遊就館と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
館就遊:んかうゅしうゆ
就を含む熟語・名詞・慣用句など
就床  就任  就働  就巣  就活  就漁  就業  就寝  就籍  就航  就職  就農  就縛  就眠  去就  成就  就褥  就労  就中  就園  就学  就役  法成就  未就学  就業率  就職口  就職難  不就学  就学生  遊就館  就学率  再就職  毛利師就  榎本就時  一径永就  安藤就高  安藤守就  畠山義就  毛利就馴  毛利吉就    ...

遊就館の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
の双句は天成のデマゴオクを待たない限り、発し得ない名言だったからである。 わたしは歴史を翻えす度に、遊就館を想《おも》うことを禁じ得ない。過去の廊下には薄暗い中にさまざまの正義が陳列してある。青竜刀に似....
寺内の奇人団」より 著者:淡島寒月
《しもおかれんじょう》さんが、やはり寺内で函館戦争、台湾戦争の絵をかいて見せました。これは今でも九段の遊就館《ゆうしゅうかん》にあります。この他、浅草で始めて電気の見世物をかけたのは広瀬じゅこくさんで、太....
侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
の双句は天成のデマゴオクを待たない限り、発し得ない名言だつたからである。 わたしは歴史を翻へす度に、遊就館を想ふことを禁じ得ない。過去の廊下には薄暗い中にさまざまの正義が陳列してある。青龍刀に似てゐるの....
[熟語リンク]
-遊を含む熟語
-就を含む熟語
-館を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「遊就館」例文/複合語/意味