髄書き順 » 髄の熟語一覧 »真髄の読みや書き順(筆順)

真髄の書き順(筆順)

真の書き順アニメーション
真髄の「真」の書き順(筆順)動画・アニメーション
髄の書き順アニメーション
真髄の「髄」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

真髄の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しん-ずい
  2. シン-ズイ
  3. shin-zui
真10画 髄19画 
総画数:29画(漢字の画数合計)
眞髓
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
真髄と同一の読み又は似た読み熟語など
心髄  地震随伴事象  神髄  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
髄真:いずんし
髄を含む熟語・名詞・慣用句など
延髄  精髄  骨髄  髄膜  髄脳  髄鞘  髄質  髄核  髄液  心髄  歯髄  脊髄  血髄  脳髄  髄虫  玉髄  極髄  真髄  神髄  射出髄  脳脊髄  脊髄炎  長髄彦  脊髄膜  髄膜炎  脊髄癆  歯髄腔  歯髄炎  骨髄炎  血玉髄  歯髄壊死  脳脊髄膜  脳脊髄液  脊髄神経  脊髄後根  胸髄損傷  脊髄反射  脱髄疾患  脊髄前根  副腎髄質    ...

真髄の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

霊訓」より 著者:浅野和三郎
れ等の教は、飽くまでも合理的の推理と、合法的の試験とに堪《た》えるからである。 (評釈) 神霊主義の真髄は、ほぼ遺憾《いかん》なくここに尽されている。現世と死後の世界がつながりであること、両者が飽までも....
雑文的雑文」より 著者:伊丹万作
と想像されるような発声のしかたであつたが劇場の隅々までよくとおつた。何十年の習練の結果が、彼に発声法の真髄を会得せしめたのであろう。 トーキーの発声の場合は舞台と違つて距離に打ちかつ努力を必要としないか....
遺書の一部より」より 著者:伊藤野枝
でした。矢張り虚偽の教へと云ふことを感じました。私は遠ざかりました。それがこの頃になつて漸くその教への真髄をつかみ得たやうな気がします。運命なのです。それがその力が神と云ふ変化されたものになつたのです。私....
[熟語リンク]
-真を含む熟語
-髄を含む熟語
類語・類義語辞典
-真髄の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「真髄」例文/複合語/意味