奴書き順 » 奴の熟語一覧 »奴隷の読みや書き順(筆順)

奴隷の書き順(筆順)

奴の書き順アニメーション
奴隷の「奴」の書き順(筆順)動画・アニメーション
隷の書き順アニメーション
奴隷の「隷」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

奴隷の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ど-れい
  2. ド-レイ
  3. do-rei
奴5画 隷16画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
奴隷
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
奴隷と同一の読み又は似た読み熟語など
土鈴  門礼  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
隷奴:いれど
奴を含む熟語・名詞・慣用句など
彼奴  奴僕  奴輩  奴輩  倭奴  匈奴  奴頭  賤奴  髯奴  奴凧  奴草  奴詞  奴国  奴僕  奴踊  彼奴  彼奴  彼奴  農奴  奴婢  其奴  其奴  其奴  町奴  奴等  奴隷  奴隷  奴国  奴袴  奴雁  此奴  剣奴  供奴  此奴  此奴  爾奴  官奴  女奴  山奴  何奴    ...

奴隷の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

西方の人」より 著者:芥川竜之介
《も》し何か感じてゐたとすれば、それは彼等の社会的に感じなければならぬと思つたものである。彼等の精神的奴隷たちは、――肉体だけ逞《たくま》しい兵卒たちはクリストに荊《いばら》の冠《かんむり》をかむらせ、紫....
結婚難並びに恋愛難」より 著者:芥川竜之介
。ペルシアの王子。女のやうに美しい代りに荒淫も亦甚しいさうである。現在でも妃六百人、姫嬪二千三百人、女奴隷――女奴隷は何万人あるか、誰一人見当さへつかないらしい。 第三号。ゼライイド自身の国の宰相の子。....
クラリモンド」より 著者:芥川竜之介
されたと云ふものぢや。神よ、わし達は何と云ふ末世《まつせ》に生きてゐるのでござらう。客人たちは皆黒人の奴隷に給仕もして貰つたさうな。其奴隷共は又何やらわからぬ語《ことば》を饒舌《しやべ》る、わしの眼には此....
[熟語リンク]
-奴を含む熟語
-隷を含む熟語
類語・類義語辞典
-奴隷の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「奴隷」例文/複合語/意味