奴書き順 » 奴の熟語一覧 »奴等の読みや書き順(筆順)

奴等の書き順(筆順)

奴の書き順アニメーション
奴等の「奴」の書き順(筆順)動画・アニメーション
等の書き順アニメーション
奴等の「等」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

奴等の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. やつ-ら
  2. ヤツ-ラ
  3. yatsu-ra
奴5画 等12画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
奴等
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
奴等と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
等奴:らつや
奴を含む熟語・名詞・慣用句など
彼奴  奴僕  奴輩  奴輩  倭奴  匈奴  奴頭  賤奴  髯奴  奴凧  奴草  奴詞  奴国  奴僕  奴踊  彼奴  彼奴  彼奴  農奴  奴婢  其奴  其奴  其奴  町奴  奴等  奴隷  奴隷  奴国  奴袴  奴雁  此奴  剣奴  供奴  此奴  此奴  爾奴  官奴  女奴  山奴  何奴    ...

奴等の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

鼠小僧次郎吉」より 著者:芥川竜之介
飲んだくれの胡麻の蠅に、桝の酒を飲ませてゐるのを見たら、何もこの山甚の奉公人ばかりとは限ら無え、世間の奴等の莫迦莫迦《ばかばか》しさが、可笑《をか》しくつて、可笑しくつて、こてえられ無かつた。何故と云ひね....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
聞くと、まず早水藤左衛門は、両手にこしらえていた拳骨《げんこつ》を、二三度膝の上にこすりながら、 「彼奴等《きゃつら》は皆、揃いも揃った人畜生《にんちくしょう》ばかりですな。一人として、武士の風上《かざか....
バルタザアル」より 著者:芥川竜之介
の夢に耽つてゐたのである。 其時に通りがかりの盗人の一隊が、苔の上に寝てゐる恋人を見つけた。そして『奴等は金はないが、いい価に売れるぜ。若くつて、面がいいからな』と云つた。 そこで二人を取巻いてぐるぐ....
[熟語リンク]
-奴を含む熟語
-等を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「奴等」例文/複合語/意味