普書き順 » 普の熟語一覧 »普遍の読みや書き順(筆順)

普遍の書き順(筆順)

普の書き順アニメーション
普遍の「普」の書き順(筆順)動画・アニメーション
遍の書き順アニメーション
普遍の「遍」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

普遍の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ふ-へん
  2. フ-ヘン
  3. fu-hen
普12画 遍12画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
普遍
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
普遍と同一の読み又は似た読み熟語など
不偏  不変  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
遍普:んへふ
普を含む熟語・名詞・慣用句など
普賢  普く  普遍  普寛  普茶  普及  普一  普し  普茶  普通  普化  普選  普在  普天  普羅  普請  普門  普寧  普照  普寂  普陀洛  普遍的  普門寺  普化宗  普門品  普請方  普請役  普陀山  普通人  普段着  普通葉  普通税  普通話  普通法  普通車  普通紙  普遍化  普通鋼  普遍種  普通語    ...

普遍の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

澄江堂雑記」より 著者:芥川竜之介
む》の如くにたなびいてゐるではないか。 況《いは》んや私は尋常の文人である。後代の批判にして誤らず、普遍《ふへん》の美にして存するとするも、書を名山に蔵する底《てい》の事は、私の為すべき限りではない。私....
後世」より 著者:芥川竜之介
るものが雲霧の如くにたなびいてゐるではないか。 況んや私は尋常の文人である。後代の批判にして誤らず、普遍の美にして存するとするも、書を名山に蔵する底の事は、私の為すべき限りではない。私が知己を百代の後に....
三太郎の日記 第一」より 著者:阿部次郎
ある。第二は猥雜なる官能的刺戟に執着して經驗の意義本質を逸するのである。感覺的現實を偏重する者は形式的普遍のみを求むる者と同樣に抽象的である。具象性を破壞する惡抽象たるに於いて兩者の間に二致がない。 事....
[熟語リンク]
-普を含む熟語
-遍を含む熟語
類語・類義語辞典
-普遍の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「普遍」例文/複合語/意味