普書き順 » 普の熟語一覧 »普くの読みや書き順(筆順)

普くの書き順(筆順)

普の書き順アニメーション
普くの「普」の書き順(筆順)動画・アニメーション
くの書き順アニメーション
普くの「く」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

普くの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あまねく
  2. アマネク
  3. amaneku
普12画 
総画数:12画(漢字の画数合計)
普く
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
普くと同一の読み又は似た読み熟語など
遍く  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
く普:くねまあ
普を含む熟語・名詞・慣用句など
普賢  普く  普遍  普寛  普茶  普及  普一  普し  普茶  普通  普化  普選  普在  普天  普羅  普請  普門  普寧  普照  普寂  普陀洛  普遍的  普門寺  普化宗  普門品  普請方  普請役  普陀山  普通人  普段着  普通葉  普通税  普通話  普通法  普通車  普通紙  普遍化  普通鋼  普遍種  普通語    ...

普くの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

閉戸閑詠」より 著者:河上肇
月二十四日 われ今死すとも悔なし われ今死すとも悔なし。 懇ろに近親に感謝し、 厚く良友に感謝し、普く天地に感謝し了へ、 晏如として我が生を終へなむ。 今われ老いて 幸に高臥自由の身となり、 こゝろに....
演劇と政治」より 著者:岸田国士
劇の国家的保護乃至助成を意味し、延いて、民衆の演劇的教養に健全な軌範を与へ、国民文化の粋とするところを普く内外に誇示しようとする意図に出たものである。かのナポレオンが、モスクワ攻撃の陣中、冬将軍の猛威を前....
ニイチエ雑観」より 著者:生田長江
高くした丈けではない。かの思想の単なる哲学から宗教になつたことの変化は同時にそれが宗教と芸術とを通じて普く我々日本人の生活の全局面へ、日本文化の全般にまで浸潤して来たところの大いなる推移其物であつた。 ....
[熟語リンク]
-普を含む熟語
-くを含む熟語
類語・類義語辞典
-普くの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「普く」例文/複合語/意味