貝を含む熟語・慣用句・名詞など

貝を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

貝の付く文字数別熟語

二字熟語
芋貝翁貝歌貝灰貝絵貝貝鞍貝桶貝貨貝灰
>>2字熟語一覧
三字熟語
悪鬼貝浦島貝雲雀貝猿頬貝嫁笠貝貝つ物貝の口貝殻骨貝殻節
>>3字熟語一覧
四字熟語
黄色宝貝夏島貝塚貝おほひ貝殻追放貝原益軒[人名]・貝山緑地貝多羅葉貝塚伊吹貝塚茂樹[人名]
>>4字熟語一覧
五字熟語
奥羽瓔珞貝加曽利貝塚貝割れ大根水蝋貝殻虫長刀白瓜貝本美之主貝綿吹貝殻虫翁恵比須貝アンモン貝
>>5字熟語一覧
六字熟語
鉄刀木身無貝矢の根貝殻虫ラック貝殻虫磯貝新右衛門[人名]・貝賀弥左衛門[人名]・久貝市右衛門[人名]・菟道貝鮹皇女[人名]
>>6字熟語一覧

貝を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「貝」が使われいる作品・書籍

スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
き》おきは、シャベルや火箸《ひばし》も一式ふくめて、アスパラガスの葉のかげに光っていた。梅花うつぎと巻とが煖炉《だんろ》の棚をかざり、その上には色さまざまな鳥の卵が紐に通してさげてあって、大きな駝鳥《だ....
あの頃の自分の事」より 著者:芥川竜之介
勿論|外題《げだい》さへ、更に不案内なものだつた。舞台には悪く納つた茶室があつて、造花の白梅が所々に、殻細工のやうな花を綴つてゐた。さうしてその茶室の縁側で、今の中車《ちゆうしや》の侍が、歌右衛門の娘を....
魚河岸」より 著者:芥川竜之介
一人はどこかの職工らしかった。我々は二人ずつ向い合いに、同じ卓に割りこませて貰《もら》った。それから平《たいらがい》のフライを肴《さかな》に、ちびちび正宗《まさむね》を嘗め始めた。勿論|下戸《げこ》の風....
スポンサーリンク