竜を含む熟語・慣用句・名詞など

竜を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

竜の付く文字数別熟語

二字熟語
雲竜雲竜画竜画竜魚竜恐竜九竜剣竜昇竜
>>2字熟語一覧
三字熟語
雨竜川雲竜型雲竜水黄竜旗黄竜山黄竜宗黄竜派金竜山銀竜草
>>3字熟語一覧
四字熟語
稲田竜吉[人名]・羽毛恐竜雲井竜雄[人名]・雲蒸竜変雲竜久吉[人名]・雲竜渓谷永井竜男[人名]・永世竜王画竜点睛
>>4字熟語一覧
五字熟語
一竜斎貞山[人名]・雨竜沼湿原沙羯羅竜王竜馬の躓き双葉鈴木竜第五福竜丸天竜山石窟天竜八部衆梅原竜三郎[人名]
>>5字熟語一覧
六字熟語
高知竜馬空港飛竜雲に乗る竜巻注意情報竜門の滝登り芥川竜之介賞倶利迦羅竜王蛟竜雲雨を得驪竜頷下の珠千代大海竜二[人名]
>>6字熟語一覧

竜を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

虎口を逃れて竜穴に入る
竜宮の乙姫の元結の切外し
雲は竜に従い風は虎に従う
竜の鬚を撫で虎の尾を踏む
竜は一寸にして昇天の気あり
竜門原上の土に骨を埋むとも名を埋めず

文章中に「竜」が使われいる作品・書籍

スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
昔の武者修行者の運命にふりかかったものよりも大へんだった。武者修行者は、巨人とか、魔法使とか、火を吹くとか、あるいはそれに似たもので簡単に退治できる敵と戦いさえすればよかったし、鉄や真鍮《しんちゅう》で....
開化の殺人」より 著者:芥川之介
数年の年月を閲《けみ》せしが、予の二十一歳に達するや、予が父は突然予に命じて、遠く家業たる医学を英京|動《ロンドン》に学ばしめぬ。予は訣別に際して、明子に語るに予が愛を以てせんとせしも、厳粛なる予等が家....
片恋」より 著者:芥川之介
っと来たじゃないか。ほかの芸者まで一しょになって、お徳のやつをひやかしたんだ。 ところが、お徳こと福のやつが、承知しない。――福がよかったろう。八犬伝のの講釈の中に、「優楽自在なるを福と名づけた....
スポンサーリンク