櫓を含む熟語・慣用句・名詞など

櫓を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

櫓の付く文字数別熟語

二字熟語
高櫓首櫓櫓下櫓貫櫓船櫓葱櫓物櫓幕櫓門
>>2字熟語一覧
三字熟語
代え櫓物見櫓櫓時計櫓太鼓櫓投げ櫓落し櫓炬燵換え櫓出し櫓
>>3字熟語一覧
四字熟語
火の見櫓櫓櫂なし
>>4字熟語一覧
五字熟語
櫓を上げる
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
六字熟語

櫓を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「櫓」が使われいる作品・書籍

良夜」より 著者:饗庭篁村
月あれども地上の光天をかすめて無きが如く、来往の船は自ら点す燈におのが形を示し、棹に砕けてちらめく火影行く跡に白く引く波、見る者として皆な暑さを忘るる物なるに、まして川風の肌に心地よき、汗に濡れたる単衣....
開化の良人」より 著者:芥川竜之介
に闇を加えたのに驚いて、ふとあたりを見まわすと、いつの間にか我々を乗せた猪牙舟《ちょきぶね》は、一段と《ろ》の音を早めながら、今ではもう両国橋を後にして、夜目にも黒い首尾《しゅび》の松《まつ》の前へ、さ....
結婚難並びに恋愛難」より 著者:芥川竜之介
如く、乳房は百合の花束の如く、頸《うなじ》は白鳩の如く、髪は香草の如く、目は宮殿の池の如く、鼻は城門のの如くだつたと言ふのですから、万人に一人もない美人だつたのでせう。このゼライイドも年ごろになるにつけ....
スポンサーリンク