菫書き順 » 菫の熟語一覧 »壺菫の読みや書き順(筆順)

壺菫の書き順(筆順)

壺の書き順アニメーション
壺菫の「壺」の書き順(筆順)動画・アニメーション
菫の書き順アニメーション
壺菫の「菫」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

壺菫の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. つぼ-すみれ
  2. ツボ-スミレ
  3. tsubo-sumire
壺12画 菫11画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
壺菫
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
壺菫と同一の読み又は似た読み熟語など
坪菫  菫菜  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
菫壺:れみすぼつ
菫を含む熟語・名詞・慣用句など
菫色  菫菜  坪菫  壺菫  葵菫  茜菫  匂菫  叡山菫  蝦夷菫  胡蝶菫  菫青石  三色菫  菫細辛  菫外線  三色菫  立壺菫  星菫派  虫取菫  宮林菫哉  薄田泣菫  菫庵愛海  アフリカ菫  アイヌ立壺菫    ...

壺菫の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

天主閣の音」より 著者:国枝史郎
は、読経の声で充たされた。 梅が盛りを過ごすようになり、彼岸桜が笑をこぼし、艶々しい椿が血を滴らせ、壺菫《つぼすみれ》が郊外で咲くようになった。 間もなく桜が咲き出した。そうして帰雁の頃となった。 ....
二筋の血」より 著者:石川啄木
、草原の中を貫いて流れてゐた。野川の岸には、近江屋が年中米を搗かせてゐる水車小屋が立つてゐた。 春は壺菫に秋は桔梗女郎花、其草原は四季の花に富んでゐるので、私共はよく遊びに行つたものだが、其頃は一面に萱....
二筋の血」より 著者:石川啄木
、草原の中を貫いて流れてゐた。野川の岸には、近江屋が年中米を搗かせてゐる水車小屋が立つてゐた。 春は壺菫に秋は桔梗《ききやう》女郎花《をみなへし》、其草原は四季の花に富んでゐるので、私共はよく遊びに行つ....
[熟語リンク]
-壺を含む熟語
-菫を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「壺菫」例文/複合語/意味