廂書き順 » 廂の熟語一覧 »板廂の読みや書き順(筆順)

板廂の書き順(筆順)

板の書き順アニメーション
板廂の「板」の書き順(筆順)動画・アニメーション
廂の書き順アニメーション
板廂の「廂」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

板廂の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. いた-びさし
  2. イタ-ビサシ
  3. ita-bisashi
板8画 廂12画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
板廂
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
板廂と同一の読み又は似た読み熟語など
板庇  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
廂板:しさびたい
廂を含む熟語・名詞・慣用句など
西廂  廂番  廂間  片廂  土廂  土廂  孫廂  小廂  妻廂  広廂  又廂  板廂  廂の簡  西廂記  西廂記  廂の御所    ...

板廂の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

観画談」より 著者:幸田露伴
の樹※《きぎ》は皆雨に悩んでいた。雨は前にも増して恐しい量で降って、老朽《おいく》ちてジグザグになった板廂《いたびさし》からは雨水がしどろに流れ落ちる、見ると簷《のき》の端に生えている瓦葦《しのぶぐさ》が....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
わず時を送ったというふうに腰を持ちあげた。問屋場からの出がけにも、彼は出入り口の障子の開いたところから板廂《いたびさし》のかげを通して、心深げに旧暦四月の街道の空をながめた。そして栄吉の方を顧みて言った。....
観画談」より 著者:幸田露伴
つた。庭の樹※は皆雨に悩んでゐた。雨は前にも増して恐しい量で降つて、老朽《おいく》ちてジグザグになつた板廂《いたびさし》からは雨水がしどろに流れ落ちる、見ると簷《のき》の端に生えて居る瓦葦《しのぶぐさ》が....
[熟語リンク]
-板を含む熟語
-廂を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「板廂」例文/複合語/意味