瀾を含む熟語・慣用句・名詞など

瀾を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

瀾の付く文字数別熟語

二字熟語
狂瀾張瀾張瀾回瀾波瀾廻瀾
>>2字熟語一覧
三字熟語
赤瀾会池玉瀾[人名]・范文瀾[人名]
>>3字熟語一覧
四字熟語
狂瀾怒濤三宅観瀾[人名]・波瀾万丈坂崎紫瀾[人名]・小川其瀾[人名]・松崎観瀾[人名]・大串雪瀾[人名]・谷口廻瀾[人名]・徳山玉瀾[人名]
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
五字熟語
六字熟語

瀾を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「瀾」が使われいる作品・書籍

南洲手抄言志録」より 著者:秋月種樹
い》とを辨《べん》ずるは、即ち心の靈《れい》なり。 二五 人一生所遭、有險阻、有坦夷、有安流、有驚。是氣數自然、竟不能免、即易理也。人宜居而安、玩而樂焉。若趨避之、非達者之見。 〔譯〕人一生|遭《....
貝殻」より 著者:芥川竜之介
へ、「あなたはあたしを欺ましてゐた」と言つた。それは小さい刺《とげ》のやうにいつまでも彼等夫婦の間に波を起す種《たね》になつてしまつた。彼は彼女と喧嘩をした後《のち》、何度もひとりこんなことを考へなけれ....
木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
は実に平軍の半にみたず、地を以てすれば、平軍は已に礪波の嶮要を擁せり。彼の之を以て平軍の鋭鋒を挫き、倒を既墜にめぐらさむと欲す、豈難からずとせむや。然れ共、彼は、泉の如く湧く敏才を有したりき。彼は、其....
スポンサーリンク