狡書き順 » 狡の熟語一覧 »狡黠の読みや書き順(筆順)

狡黠の書き順(筆順)

狡の書き順アニメーション
狡黠の「狡」の書き順(筆順)動画・アニメーション
黠の書き順アニメーション
狡黠の「黠」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

狡黠の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. こう-かつ
  2. コウ-カツ
  3. kou-katsu
狡9画 黠18画 
総画数:27画(漢字の画数合計)
狡黠
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
狡黠と同一の読み又は似た読み熟語など
交割  口渇  広闊  宏闊  狡猾  高葛坡  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
黠狡:つかうこ
狡を含む熟語・名詞・慣用句など
狡計  狡兎  狡童  狡知  狡智  狡黠  狡い  狡猾  狡獪  狡辛い  狡兎死して走狗烹らる    ...

狡黠の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

あらくれ」より 著者:徳田秋声
田は言った。 お島はその傍に、長くじっとしていられなかった。自分を信用させようと骨を折っている、男の狡黠《わるごす》い態度も蔑視《さげす》まれたが、この男ばかりを信じているらしい、母親の水臭い心持も腹立....
蒲生氏郷」より 著者:幸田露伴
長く堪え得るようならば、火事は然程《さほど》に早く吾《わ》が廂《ひさし》へ来るものでは無い、と考えて、狡黠《こうかつ》には相違無いが、他人|交際《づきあい》の間柄ではあり、戦乱の世の常であるから、形勢観望....
それから」より 著者:夏目漱石
よく人間を解剖した結果には外ならなかった。彼は普通自分の動機や行為を、よく吟味してみて、そのあまりに、狡黠《ずる》くって、不真面目で、大抵は虚偽を含んでいるのを知っているから、遂に熱誠な勢力を以てそれを遂....
[熟語リンク]
-狡を含む熟語
-黠を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「狡黠」例文/複合語/意味