す書き順 » すの熟語一覧 »溢すの読みや書き順(筆順)

溢すの書き順(筆順)

溢の書き順アニメーション
溢すの「溢」の書き順(筆順)動画・アニメーション
すの書き順アニメーション
溢すの「す」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

溢すの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あぶ-す
  2. アブ-ス
  3. abu-su
溢13画 
総画数:13画(漢字の画数合計)
溢す
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
溢すと同一の読み又は似た読み熟語など
落としあぶす  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
す溢:すぶあ
すを含む熟語・名詞・慣用句など
馳す  煤す  曝す  撫す  絆す  回す  廻す  坐す  座す  在す  晒す  蘇す  兆す  曝す  萌す  甦す  溢す  略す  没す  解す  解す  解す  暈す  博す  逃す  偃す  黏す  誑す  騙す  託す  耕す  耕す  卒す  卒す  呪す  漉す  貶す  解す  下す  期す    ...

溢すの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

東京市騒擾中の釣」より 著者:石井研堂
、黒山の人垣を築けり。常には、見世物場の間に散在して営業する所の「引懸釣」、それさへ見物人は、店内に充溢するに、増して、昨日|一昨日《おととい》までは礫一つ打つことならざしり泉水《せんすい》の、尺余の鯉を....
雲間寸観」より 著者:石川啄木
餘名解散し根本的の肅清を圖ると揚言しつゝありて庶政漸く其緒につくものの如しと雖ども社面には幾多の暗流横溢するものと見え廿八日京城發電は嚴妃の姉聟にあたる閔某が太皇帝及び嚴妃の密旨を受けて大金を携帶し、上海....
三太郎の日記 第三」より 著者:阿部次郎
の世界に沒入して其處に全精神を以つて沈潛して生きるとき、又藝術の鑑賞から出發して深き生命感情の心裡に横溢することを感ずるとき――その時我等は唯方便としてのみ意義ある生活をしてゐるのであるか。天成の俗人にあ....
[熟語リンク]
-溢を含む熟語
-すを含む熟語
類語・類義語辞典
-溢すの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「溢す」例文/複合語/意味