す書き順 » すの熟語一覧 »没すの読みや書き順(筆順)

没すの書き順(筆順)

没の書き順アニメーション
没すの「没」の書き順(筆順)動画・アニメーション
すの書き順アニメーション
没すの「す」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

没すの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. もっす
  2. モッス
  3. mossu
没7画 
総画数:7画(漢字の画数合計)
没す
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
没すと同一の読み又は似た読み熟語など
歯を没す  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
す没:すっも
すを含む熟語・名詞・慣用句など
馳す  煤す  曝す  撫す  絆す  回す  廻す  坐す  座す  在す  晒す  蘇す  兆す  曝す  萌す  甦す  溢す  略す  没す  解す  解す  解す  暈す  博す  逃す  偃す  黏す  誑す  騙す  託す  耕す  耕す  卒す  卒す  呪す  漉す  貶す  解す  下す  期す    ...

没すの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

奇怪な再会」より 著者:芥川竜之介
の光景が、いろいろ映ったり消えたりした。大きな水柱《みずばしら》を揚げながら、「定遠《ていえん》」の沈没する所もあった。敵の赤児を抱《だ》いた樋口大尉《ひぐちたいい》が、突撃を指揮する所もあった。大勢の客....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
け出したような、夕霧や浮橋のなまめかしい姿と共に、歴々と心中に浮んで来た。如何に彼は、この記憶の中に出没するあらゆる放埓の生活を、思い切って受用した事であろう。そうしてまた、如何に彼は、その放埓の生活の中....
「ケルトの薄明」より」より 著者:芥川竜之介
」とは時として、精霊《フエアリイ》の群に与へらるゝ名前である。話|半《なかば》に、自分たちは、精霊の出没する場所として名高い、黒い岩の中にある浅い洞窟へ辿りついた。濡れた砂の上には、洞窟の反影が落ちてゐる....
[熟語リンク]
-没を含む熟語
-すを含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「没す」例文/複合語/意味