易書き順 » 易の熟語一覧 »易行の読みや書き順(筆順)

易行の書き順(筆順)

易の書き順アニメーション
易行の「易」の書き順(筆順)動画・アニメーション
行の書き順アニメーション
易行の「行」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

易行の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. い-ぎょう
  2. イ-ギョウ
  3. i-gyou
易8画 行6画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
易行
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
易行と同一の読み又は似た読み熟語など
愛楽  愛敬  愛敬相  偉業  異業種  異形  遺業  遺形  営業  永代経  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
行易:うょぎい
易を含む熟語・名詞・慣用句など
軽易  容易  易い  変易  簡易  易ゆ  改易  貿易  難易  易簀  辟易  周易  険易  交易  交易  易易  健易  易易  変易  三易  算易  存易  易卜  安易  不易  易行  易経  易学  易化  平易  変易  易往  易易  易者  易水  易世  易田  易田  易断  易姓    ...

易行の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

たなばたと盆祭りと」より 著者:折口信夫
称する様になつた。だから、考へると、市廛《イチタナ》の元の作りが訣つて来る様に思ふ。恐らく、異郷人と交易行為を行ふ場処は、かうした棚を用ゐたので、その更に起原をなすものは、棚に神を迎へ、神に布帛その他を献....
取返し物語」より 著者:岡本かの子
のことを、」と申す方が弥陀の方より与え給う信心を現すのみか、本願を悦《よろこ》ぶ貌もあり、ずんと当流|易行《いぎょう》の道に適《かな》うことである。迚《とて》ものことにそう唱えしゃっしゃれ』 おくみ『「忘....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
蓮、道元らの諸祖の新興仏教の出たのもこのためであります。 仏教を大別して、聖道門《しょうどうもん》と易行門《いぎょうもん》とに二分します。聖道門は修業的、易行門は信仰的の区別はありますが、兎に角、根本に....
[熟語リンク]
-易を含む熟語
-行を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「易行」例文/複合語/意味