前書き順 » 前の熟語一覧 »前説の読みや書き順(筆順)

前説の書き順(筆順)

前の書き順アニメーション
前説の「前」の書き順(筆順)動画・アニメーション
説の書き順アニメーション
前説の「説」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

前説の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぜん-せつ
  2. ゼン-セツ
  3. zen-setsu
前9画 説14画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
前説
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
前説と同一の読み又は似た読み熟語など
性善説  前節  禅刹  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
説前:つせんぜ
前を含む熟語・名詞・慣用句など
右前  羽前  駅前  越前  階前  割前  眼前  宮前  居前  空前  月前  建前  現前  言前  戸前  午前  口前  広前  婚前  左前  差前  座前  最前  産前  史前  事前  持前  自前  取前  手前  手前  従前  出前  術前  春前  小前  承前  上前  食前  新前    ...

前説の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

阿Q正伝」より 著者:井上紅梅
いる。これが旨く行《ゆ》かんと乃公の責任になるんだよ」 挙人老爺は大《おおい》に窮したが、なお頑固に前説を固持して贓品の追徴をしなければ、彼は即刻民政の職務を辞任すると言った。けれど少尉殿はびくともせず....
短歌本質成立の時代」より 著者:折口信夫
の、豪家に伝来久しいもの、歴史背景を思はせるものなどの散佚したのを、採録して置かうとしたのに違ひない。前説はどうなりともよい。まづ、古詞の内容に限りがあつたものと見ねばならぬ――或は舞を伴ふものをめどにし....
千葉夜行記」より 著者:大町桂月
、此地行徳の入會地《いりあひち》にて、八幡村民妄りに入るべかざるを以て、八幡不知と名づけたりと。裸男は前説を取らむとするもの也。(大正五年)....
[熟語リンク]
-前を含む熟語
-説を含む熟語
類語・類義語辞典
-前説の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「前説」例文/複合語/意味