足を含む熟語・慣用句・名詞など

足を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

足の付く文字数別熟語

二字熟語
一足一足逸足引足遠足仮足荷足快足巻足
>>2字熟語一覧
三字熟語
一寸足一投足夏足袋荷足り過不足過不足革具足革足袋顎足付
>>3字熟語一覧
四字熟語
悪足掻き一足違い一足飛び稲垣足穂円満具足荷足り船皆令満足吉川惟足[人名]・吉川惟足[人名]
>>4字熟語一覧
五字熟語
議事定足数細戈千足国充足理由律数寄屋足袋世知弁足袋生日の足日馬鹿の大足川越し人足足結ひの組
>>5字熟語一覧
六字熟語
一挙手一投足支え釣込み足周辺光量不足生島足島神社手足を伸ばす手摺り足摺り足踏みミシン足利工業大学阿倍小殿浄足[人名]
>>6字熟語一覧

足を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

百足の虫は死して僵れず
千里の行も足下に始まる
日本根子高瑞浄足姫天皇
頭の天辺から足の爪先まで
剣は一人の敵学ぶに足らず
手の舞い足の踏む所を知らず
足を重ねて立ち目を側てて視る
書は以て姓名を記するに足るのみ
女の足駄にて作れる笛には秋の鹿寄る
明は以て秋毫の末を察するに足れども而も輿薪を見ず

文章中に「足」が使われいる作品・書籍

駅伝馬車」より 著者:アーヴィングワシントン
の招きに應じたのである。馬車は玄關前に着けられた、そして數分の後、わたしはブレイスブリッジ邸へ向つて發した。....
クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
フィールドの代りに地道なピーカムを金科玉條としてゐたのです。腹の底で思つてゐることはですね、眞に誇るにり羨むべき境遇は祖先傳來の土地に住む田舍紳士のそれに過ぎたるはないといふ考だものだから、年がら年中自....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
た。背は高いが、ひどく細く、肩幅はせまく、腕も脚も長く、両手は袖口《そでぐち》から一マイルもはみだし、はシャベルにでもしたほうがいいような形だった。ひどくいいかげんにまとめあげたようなからだつきなのだ。....
スポンサーリンク