滞書き順 » 滞の熟語一覧 »滞貨の読みや書き順(筆順)

滞貨の書き順(筆順)

滞の書き順アニメーション
滞貨の「滞」の書き順(筆順)動画・アニメーション
貨の書き順アニメーション
滞貨の「貨」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

滞貨の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. たい-か
  2. タイ-カ
  3. tai-ka
滞13画 貨11画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
滯貨
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
滞貨と同一の読み又は似た読み熟語など
亜寒帯夏雨気候  一体化  一体課税  一体感  期待可能性  期待感  具体化  原子力緊急事態解除宣言  後退角  剛体回転  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
貨滞:かいた
滞を含む熟語・名詞・慣用句など
滞む  滞空  滞在  滞陣  滞積  滞船  遅滞  沈滞  停滞  留滞  滞納  滞み  滞日  淹滞  渋滞  滞京  滞貨  延滞  滞留  結滞  凝滞  食滞  滞欧  延滞税  延滞金  延滞料  滞納処分  延滞日歩  延滞利息  思ひ滞る  履行遅滞  滞貨金融  停滞前線  交通渋滞  遅滞遺伝  精神遅滞  受領遅滞  債権者遅滞  国税滞納処分  精神発達遅滞    ...

滞貨の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

鼠頭魚釣り」より 著者:幸田露伴
に飽くほどのものを得玉はんとならば、極めて細《こまか》に兎せよ角せよと命じたまへといふ。良工の家なれば滞貨無きも宜《むべ》なり、特に我が好めるやうに作らせんは甚だ可なるに似たれど、実は我が知れるところより....
秦の出発」より 著者:豊島与志雄
い――これは秦啓源の言葉であって、地理的条件から来る実状ではあるが、また比喩とも受け取れる。嘗てはその滞貨が世界の都市中でニューヨークに匹敵すると言われた上海も、随分と貧寒にはなったけれど、まだまだ莫大な....
現代忍術伝」より 著者:坂口安吾
ゃないかしら。製材会社をつくってもいゝや。今のところ石川組程度の輸送能力じゃア、ボクの目の黒いうちは、滞貨はないと思いますねえ。ハッハッハ」 半平の大言壮語は真偽のほどが不得要領そのものである。 「じゃ....
[熟語リンク]
-滞を含む熟語
-貨を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「滞貨」例文/複合語/意味