美書き順 » 美の熟語一覧 »美服の読みや書き順(筆順)

美服の書き順(筆順)

美の書き順アニメーション
美服の「美」の書き順(筆順)動画・アニメーション
服の書き順アニメーション
美服の「服」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

美服の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. び-ふく
  2. ビ-フク
  3. bi-fuku
美9画 服8画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
美服
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
美服と同一の読み又は似た読み熟語など
微服  燕尾服  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
服美:くふび
美を含む熟語・名詞・慣用句など
精美  美婦  美姫  美眉  美髪  美肌  美白  能美  美濃  美育  美唄  美祢  美瑛  美艶  美音  美化  美徳  美果  美風  美服  美禄  美麗  絶美  美林  美様  美し  善美  全美  壮美  美容  美名  美妙  美味  美本  美幌  美貌  美文  美学  美感  美観    ...

美服の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

中国怪奇小説集」より 著者:岡本綺堂
の河を妬婦津《とふしん》といい、ここを渡る女はみな衣裳をつくろわず、化粧を剥《は》がして渡るのである。美服美粧して渡るときは、たちまちに風波が起った。ただし醜《みにく》い女は粧飾して渡っても、神が妬《ねた....
二葉亭四迷の一生」より 著者:内田魯庵
、親譲りの古ぼけた銘仙《めいせん》にメレンスの兵児帯《へこおび》で何処《どこ》へでも押掛けたのが、俄に美服を新調して着飾り出した。「これが資本だ、コンナ服装《なり》をしないと相手になってくれない」と常綺羅....
欧米各国 政教日記」より 著者:井上円了
り。しかるに、今日にありては血管中の熱はすでに放散して、ただわずかに皮膚の上に余熱を存するのみ。婦人は美服を新調して日曜を待ち、男子は美人を捜索して会堂に入り、日曜の会堂は男女相まみゆるの媒介場となる。こ....
[熟語リンク]
-美を含む熟語
-服を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「美服」例文/複合語/意味