冴書き順 » 冴の熟語一覧 »冴えの読みや書き順(筆順)

冴えの書き順(筆順)

冴の書き順アニメーション
冴えの「冴」の書き順(筆順)動画・アニメーション
えの書き順アニメーション
冴えの「え」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

冴えの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. さえ
  2. サエ
  3. sae
冴7画 
総画数:7画(漢字の画数合計)
冴え
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:2文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
冴えと同一の読み又は似た読み熟語など
為替差益  雨押え  円高差益  押え所  押え柱  押え物  押え木  仮差押え  灰押え  京王百草園  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
え冴:えさ
冴を含む熟語・名詞・慣用句など
冴え  風冴ゆ  氷室冴子  冴え返る  冴え凍る  冴え冴え  小月冴子  冴え冴えて  目が冴える  冴え冴えしい    ...

冴えの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

芋粥」より 著者:芥川竜之介
、暖かい。そこへ、夕飯の時に一杯やつた、酒の酔が手伝つてゐる。枕元の蔀《しとみ》一つ隔てた向うは、霜の冴えた広庭だが、それも、かう陶然としてゐれば、少しも苦にならない。万事が、京都の自分の曹司《ざうし》に....
お富の貞操」より 著者:芥川竜之介
微笑《ほほゑみ》を見せた。勿論二十年の歳月は、彼女にも老《おい》を齎《もたら》してゐた。しかし目の中に冴えた光は昔と余り変らなかつた。彼女は明治四五年頃に、古河屋政兵衛《こがやせいべゑ》の甥《をひ》に当る....
」より 著者:秋田滋
なきがら》が墓穴に移され、その棺のうえに土がかけられてしまうと、わたくしの精神は、突如として、はッきり冴えて来たのであります。わたくしは怖ろしい精神的な苦しみを悉《つぶさ》に甞《な》めたのでありますが、そ....
[熟語リンク]
-冴を含む熟語
-えを含む熟語
類語・類義語辞典
-冴えの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「冴え」例文/複合語/意味