割書き順 » 割の熟語一覧 »割引の読みや書き順(筆順)

割引の書き順(筆順)

割の書き順アニメーション
割引の「割」の書き順(筆順)動画・アニメーション
引の書き順アニメーション
割引の「引」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

割引の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. わり-びき
  2. ワリ-ビキ
  3. wari-biki
割12画 引4画 
総画数:16画(漢字の画数合計)
割引
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
割引と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
引割:きびりわ
割を含む熟語・名詞・慣用句など
  地割  正割  堀割  水割  月割  割殻  割球  割拠  割句  割高  割合  割松  割譲  割線  割元  席割  割引  割出  割賦  掘割  楚割  半割  全割  歩割  卵割  切割  割本  割愛  割安  石割  小割  割地  役割  鏡割  棟割  自割  区割  駒割  外割    ...

割引の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

」より 著者:芥川竜之介
もう二三人、人が立った。それが皆、眠《ね》の足りなそうな顔を、陰気らしく片づけている。寒い。――そこへ割引の電車が来た。 こみ合っている中を、やっと吊皮《つりかわ》にぶらさがると、誰か後《うしろ》から、....
小説の戯曲化」より 著者:芥川竜之介
違ひない。それは小説にした場合と異つた見地に立つた上、戯曲に書直した場合だけである。さもなければ如何に割引きしても、不明の非難だけは免れないであらう。――この説は一応尤もである。成程《なるほど》戯曲にした....
「菊池寛全集」の序」より 著者:芥川竜之介
論ずる際、これらの尺度にのみ拠ろうとするのは、妥当を欠く非難を免れまい。では菊池寛の作品には、これらの割引を施した後にも、何か著しい特色が残っているか? 彼の価値を問う為には、まず此処に心を留むべきである....
[熟語リンク]
-割を含む熟語
-引を含む熟語
類語・類義語辞典
-割引の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「割引」例文/複合語/意味