歓書き順 » 歓の熟語一覧 »歓呼の読みや書き順(筆順)

歓呼の書き順(筆順)

歓の書き順アニメーション
歓呼の「歓」の書き順(筆順)動画・アニメーション
呼の書き順アニメーション
歓呼の「呼」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

歓呼の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-こ
  2. カン-コ
  3. kan-ko
歓15画 呼8画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
歡呼
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
歓呼と同一の読み又は似た読み熟語など
乾枯  冠婚葬祭  寒光  寒紅梅  寒国  勘校  勘考  勧降  勧告  喚呼  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
呼歓:こんか
歓を含む熟語・名詞・慣用句など
歓ぶ  歓語  歓笑  歓心  歓声  歓然  歓送  旧歓  合歓  歓楽  歓待  歓談  交歓  合歓  歓娯  歓呼  歓迎  哀歓  歓喜  歓喜  歓会  歓楽境  歓楽街  合歓茶  合歓木  合歓木  野崎歓  草合歓  石井歓  歓喜日  歓喜天  歓喜地  歓喜団  合歓木  歓喜園  銀合歓  福田歓一  中村祇歓  藤原歓子  菽水の歓    ...

歓呼の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

素戔嗚尊」より 著者:芥川竜之介
しりもち》をついた。それは彼等の笑を買うべく、余りに壮厳すぎる滑稽であった。勿論彼等の間からは、喝采も歓呼も起らなかった。 彼は手足の砂を払うと、やっとずぶ濡れになった体を起して、仲間の若者たちの方を眺....
或る女」より 著者:有島武郎
川法学|博士《はかせ》夫人万歳」「万歳」「万歳」 田川その人に対してよりもさらに声高《こわだか》な大歓呼が、桟橋にいて傘《かさ》を振り帽子を動かす人々の群れから起こった。田川夫人は忙《せわ》しく葉子から....
隅田の春」より 著者:饗庭篁村
》に千島《ちしま》に行《ゆ》かばやとまで狂《くるひ》たり、舟《ふね》は大尉《たいゐ》萬歳《ばんざい》の歓呼《くわんこ》のうちに錨《いかり》を上《あ》げて、此帝都《このていと》を去りて絶海無人《ぜつかいむじ....
[熟語リンク]
-歓を含む熟語
-呼を含む熟語
類語・類義語辞典
-歓呼の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「歓呼」例文/複合語/意味