艦書き順 » 艦の熟語一覧 »艦隊の読みや書き順(筆順)

艦隊の書き順(筆順)

艦の書き順アニメーション
艦隊の「艦」の書き順(筆順)動画・アニメーション
隊の書き順アニメーション
艦隊の「隊」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

艦隊の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-たい
  2. カン-タイ
  3. kan-tai
艦21画 隊12画 
総画数:33画(漢字の画数合計)
艦隊
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
艦隊と同一の読み又は似た読み熟語など
亜寒帯  冠帯  寒帯  環太平洋  環帯  緩怠  韓退之  時間帯  色素増感太陽電池  性感帯  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
隊艦:いたんか
艦を含む熟語・名詞・慣用句など
旗艦  着艦  艦齢  母艦  大艦  艦船  堅艦  建艦  艦砲  船艦  艦隊  着艦  艦長  艦艇  戦艦  艦尾  鉄艦  乗艦  艦影  艦橋  艦載  敵艦  艦首  艦上  艦籍  哨艦  砲艦  廃艦  軍艦  帰艦  発艦  巨艦  戦闘艦  潜水艦  嚮導艦  満艦飾  敷設艦  特務艦  巨艦店  旗艦店    ...

艦隊の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

廿年後之戦争」より 著者:芥川竜之介
と激動とを与へぬ 報は火曜日の夜日本領瓜哇発にて其文左の如し 今午後の事也昨朝当港に碇泊せる仏国東洋艦隊に属せる一水兵は我太平洋艦隊なる香取の一水兵と珈琲店に於て争論を引き起し其場に居合せたる日仏両国の....
三つの窓」より 著者:芥川竜之介
進んで行った。すると右舷《うげん》の大砲が一門なぜか蓋《ふた》を開かなかった。しかももう水平線には敵の艦隊の挙げる煙も幾すじかかすかにたなびいていた。この手ぬかりを見た水兵たちの一人は砲身の上へ跨《またが....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
してきたが、大気の匂《にお》いを嗅《か》ぐためのように見えた。雪のように白い鵞鳥《がちょう》は堂々たる艦隊をなして、近くの池で遊弋《ゆうよく》し、家鴨《あひる》の船隊をまもっていた。七面鳥の連隊は庭で鳴き....
[熟語リンク]
-艦を含む熟語
-隊を含む熟語
類語・類義語辞典
-艦隊の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「艦隊」例文/複合語/意味