給書き順 » 給の熟語一覧 »給人の読みや書き順(筆順)

給人の書き順(筆順)

給の書き順アニメーション
給人の「給」の書き順(筆順)動画・アニメーション
人の書き順アニメーション
給人の「人」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

給人の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きゅう-にん
  2. キュウ-ニン
  3. kyuu-nin
給12画 人2画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
給人
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
給人と同一の読み又は似た読み熟語など
旧任  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
人給:んにうゅき
給を含む熟語・名詞・慣用句など
給主  給湯  給費  給付  物給  班給  給源  給分  給油  給与  給電  給田  給所  給助  給食  給人  給水  補給  別給  給炭  給地  発給  給養  給料  時給  増給  職給  受給  需給  昇給  女給  週給  初給  支給  低給  給領  供給  配給  月給  年給    ...

給人の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

両国の秋」より 著者:岡本綺堂
もあるだろう。しかしそこが辛抱だよ。おれだっていつまでこうしちゃあいない。そのうちにはだんだん出世して給人《きゅうにん》か用人《ようにん》になれまいものでもない。そのあかつきにはお前を引き取るとも、又おま....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
きがら》を横たえていたかという疑問であった。黒沼家は千二百石の大身《たいしん》で、屋敷のうちには用人、給人、中小姓、足軽、中間のほかに、乳母、腰元、台所働きの女中などをあわせて、上下二十幾人の男女が住んで....
三浦老人昔話」より 著者:岡本綺堂
く御存じでございますまいが、千石以上のお屋敷となりますと、それはそれは御富貴なもので、御家来にも用人、給人、中小姓、若党、中間のたぐいが幾人も居ります。女の奉公人にも奥勤めもあれば、表勤めもあり、お台所勤....
[熟語リンク]
-給を含む熟語
-人を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「給人」例文/複合語/意味