芋を含む熟語・慣用句・名詞など

芋を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

芋の付く文字数別熟語

二字熟語
芋餌芋貝芋粥芋串芋茎芋刺芋酒芋汁芋助
>>2字熟語一覧
三字熟語
芋の山芋の子芋掘り芋継ぎ芋煮会芋洗い芋茶杓芋田楽芋納豆
>>3字熟語一覧
四字熟語
芋けんぴ芋掛豆腐芋川饂飩何首烏芋紫薩摩芋小川芋銭[人名]・蒸かし芋食わず芋鶴の子芋
>>4字熟語一覧
五字熟語
芋掘り坊主御平の長芋
>>5字熟語一覧
六字熟語
芋虫ころころオランダ海芋ジャガタラ芋家柄より芋幹芋を洗うよう
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧

芋を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

芋の煮えたも御存じない

文章中に「芋」が使われいる作品・書籍

浅草公園」より 著者:芥川竜之介
ろの常磐木。少年はふと背むしを見つめる。が、背むしはふり返りもしない。のみならず懐《ふところ》から焼きを出し、がつがつしているように食いはじめる。 64 焼き《いも》を食って....
飯田蛇笏」より 著者:芥川竜之介
やっと冷笑を投げ返した。と云うのは蛇笏を褒めた時に、博覧強記なる赤木桁平もどう云う頭の狂いだったか、「の露連山影を正うす」と云う句を「連山影を斉うす」と間違えて僕に聞かせたからである。 しかし僕は一二....
」より 著者:芥川竜之介
される為にのみ生れて来た人間で、別に何の希望も持つてゐないかと云ふと、さうでもない。五位は五六年前から粥《いもがゆ》と云ふ物に、異常な執着を持つてゐる。粥とは山のを中に切込んで、それを甘葛《あまづら....
スポンサーリンク