盪書き順 » 盪の熟語一覧 »震盪の読みや書き順(筆順)

震盪の書き順(筆順)

震の書き順アニメーション
震盪の「震」の書き順(筆順)動画・アニメーション
盪の書き順アニメーション
震盪の「盪」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

震盪の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しん-とう
  2. シン-トウ
  3. shin-tou
震15画 盪17画 
総画数:32画(漢字の画数合計)
震盪
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
震盪と同一の読み又は似た読み熟語など
改進党  完新統  護身刀  写真等級  心頭  慎到  新進党  新党  新刀  新東京国際空港  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
盪震:うとんし
盪を含む熟語・名詞・慣用句など
激盪  震盪  振盪  脳震盪  脳振盪  眼球振盪  心臓震盪    ...

震盪の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

宇宙尖兵」より 著者:海野十三
のベルガー夫人ね。さっきころんだ拍子《ひょうし》に床の上にお産をしてしまったよ。飛び出した赤ちゃんは脳震盪《のうしんとう》を起すし、夫人は出血が停らなくて大さわぎだったよ」 魚戸は、同情にたえないという....
火星兵団」より 著者:海野十三
あのとおり、高い崖の上から自動車が、ここへおちたのですよ。たとえ、ガソリンに火がつかなくとも、人間は脳震盪《のうしんとう》かなんかを起して、死んでしまうはずです。生ているなんてことは、考えられませんなあ」....
日本建築の発達と地震」より 著者:伊東忠太
》は、科學の進歩である。地震《ぢしん》が如何《いか》なる有樣《ありさま》に於《おい》て家屋《かをく》を震盪《しんたう》し、潰倒《くわいたう》するかを觀察《くわんさつ》し破壞《はくわい》した家屋《かおく》に....
[熟語リンク]
-震を含む熟語
-盪を含む熟語
類語・類義語辞典
-震盪の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「震盪」例文/複合語/意味