蝕書き順 » 蝕の熟語一覧 »海蝕の読みや書き順(筆順)

海蝕の書き順(筆順)

海の書き順アニメーション
海蝕の「海」の書き順(筆順)動画・アニメーション
蝕の書き順アニメーション
海蝕の「蝕」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

海蝕の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かい-しょく
  2. カイ-ショク
  3. kai-syoku
海9画 蝕15画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
海蝕
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
海蝕と同一の読み又は似た読み熟語など
鉛灰色  会食  解職  快食  戒飭  灰色  銀灰色  警戒色  世界食糧会議  世界食糧計画  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
蝕海:くょしいか
蝕を含む熟語・名詞・慣用句など
齲蝕  浸蝕  水蝕  星蝕  接蝕  耐蝕  日蝕  波蝕  氷蝕  腐蝕  蝕む  風蝕  防蝕  海蝕  蝕ゆ  侵蝕  蝕像  溶蝕  乾蝕  月蝕  河蝕  孔蝕  蝕害  蝕既  蝕甚  蝕する  皆既蝕  金環蝕  部分蝕  金星蝕  半影蝕  日帯蝕  月没帯蝕  日出帯蝕  皆既月蝕  日入帯蝕  皆既日蝕  日没帯蝕  部分日蝕  月出帯蝕    ...

海蝕の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

津軽」より 著者:太宰治
ど経つと、右の窓に大戸瀬の奇勝が展開する。この辺の岩石は、すべて角稜質凝灰岩とかいふものださうで、その海蝕を受けて平坦になつた斑緑色の岩盤が江戸時代の末期にお化けみたいに海上に露出して、数百人の宴会を海浜....
春と修羅 第二集」より 著者:宮沢賢治
… 冬のかげろふの波に漂ふ にもかかはらずあちこち雪の彫刻が あんまりひっそりしすぎるのだ 四五海蝕台地 一九二四、四、六、 日がおしまひの六分圏《セキスタント》にはひってから そらはすっかり鈍くな....
[熟語リンク]
-海を含む熟語
-蝕を含む熟語
類語・類義語辞典
-海蝕の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「海蝕」例文/複合語/意味