衫書き順 » 衫の熟語一覧 »汗衫の読みや書き順(筆順)

汗衫の書き順(筆順)

汗の書き順アニメーション
汗衫の「汗」の書き順(筆順)動画・アニメーション
衫の書き順アニメーション
汗衫の「衫」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

汗衫の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-さん
  2. カン-サン
  3. kan-san
汗6画 衫8画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
汗衫
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
汗衫と同一の読み又は似た読み熟語など
基幹産業  姜尚中  寒酸  換算  武漢三鎮  歳寒三友  渙散  漢讚  甘酸  菅三品  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
衫汗:んさんか
衫を含む熟語・名詞・慣用句など
汗衫  汗衫  軽衫  長衫  緑衫  緑衫  偏衫  褊衫  茨田衫子    ...

汗衫の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

偸盗」より 著者:芥川竜之介
石を枕《まくら》にして、横になっている。それも、肌《はだ》をおおうものは、腰のあたりにかけてある、麻の汗衫《かざみ》一つぎりで、ほとんど裸と変わりがない。見ると、その胸や腹は、指で押しても、血膿《ちうみ》....
好色」より 著者:芥川竜之介
微笑である。頸《くび》は顔に比べると、寧《むし》ろ華奢《きやしや》すぎると評しても好い。その頸には白い汗衫《かざみ》の襟が、かすかに香を焚きしめた、菜の花色の水干《すゐかん》の襟と、細い一線を画《ゑが》い....
羅生門」より 著者:芥川竜之介
にとまつてゐた蟋蟀《きり/″\す》も、もうどこかへ行つてしまつた。 下人は、頸をちゞめながら、山吹の汗衫《かざみ》に重ねた、紺の襖の肩を高《たか》くして門のまはりを見まはした。雨風《あめかぜ》の患のない....
[熟語リンク]
-汗を含む熟語
-衫を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「汗衫」例文/複合語/意味