彩書き順 » 彩の熟語一覧 »油彩の読みや書き順(筆順)

油彩の書き順(筆順)

油の書き順アニメーション
油彩の「油」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
油彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

油彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ゆ-さい
  2. ユ-サイ
  3. yu-sai
油8画 彩11画 
総画数:19画(漢字の画数合計)
油彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
油彩と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩油:いさゆ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

油彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

本の装釘」より 著者:木下杢太郎
レオナルドオのあの鋭くして柔軟な素描《すがき》を残したジエロニモこそ世にもこよない物である。ああ丹念に油彩で為上げると、モナ・リザの神秘な微笑も硬くいかめしいものになる。夜郎のこの藤の葉も白く残して置きた....
幕末維新懐古談」より 著者:高村光雲
葉で彩《いろど》り、金を生かして、彩色をよいほどに配して行く。これはなかなか好い工夫のものです。 桐油彩色は、雨にぬれても脱落《はげ》ないように、密陀油《みつだゆ》に色を割って、赤、青と胡粉を割ってやる....
[熟語リンク]
-油を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-油彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「油彩」例文/複合語/意味