彩書き順 » 彩の熟語一覧 »神彩の読みや書き順(筆順)

神彩の書き順(筆順)

神の書き順アニメーション
神彩の「神」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
神彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

神彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しん-さい
  2. シン-サイ
  3. shin-sai
神9画 彩11画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
神彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
神彩と同一の読み又は似た読み熟語など
終審裁判所  新妻  新歳  神祭  親祭  親裁  震災  点心債  北辰祭  神采  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩神:いさんし
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

神彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

神州纐纈城」より 著者:国枝史郎
、五年の歳月が飛び去った。 その時、多くの世人から、光明優婆塞《こうみょううばそく》と名を呼ばれた、神彩|奕々《えきえき》たる大行者が、富士の裾野から世に下った。 「懺悔《ざんげ》」「忍従」「肉身刑罰」....
骨董」より 著者:幸田露伴
った。そこで唐君兪は遂に真鼎を出して、贋鼎に比べて視せた。双方とも立派なものではあるが、比べて視ると、神彩霊威《しんさいれいい》、もとより真物は世間に二ツとあるべきでないところを見《あら》わした。しかし杜....
森先生」より 著者:芥川竜之介
勤めし事ありしが、霜降の外套に中折帽をかぶりし人、わが前へ名刺をさし出したり。その人の顔の立派なる事、神彩ありとも云うべきか、滅多に世の中にある顔ならず。名刺を見れば森林太郎とあり。おや、先生だったかと思....
[熟語リンク]
-神を含む熟語
-彩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「神彩」例文/複合語/意味