彩書き順 » 彩の熟語一覧 »精彩の読みや書き順(筆順)

精彩の書き順(筆順)

精の書き順アニメーション
精彩の「精」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
精彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

精彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-さい
  2. セイ-サイ
  3. sei-sai
精14画 彩11画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
精彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
精彩と同一の読み又は似た読み熟語など
共生細菌  経世済民  嫌気性細菌  光合成細菌  好気性細菌  好熱性細菌  更生債権  行政裁判  行政裁判所  合議制裁判所  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩精:いさいせ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

精彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

芭蕉雑記」より 著者:芥川竜之介
ずとも好い。月並みの喜劇は「芭蕉雑談」の中に子規|居士《こじ》も既に指摘してゐる。唯芭蕉の使つた俗語の精彩を帯びてゐたことだけは今日もなほ力説せねばならぬ。さもなければ所謂民衆詩人は不幸なるウオルト・ホイ....
老いたる素戔嗚尊」より 著者:芥川竜之介
る、精悍《せいかん》な光にも明かであつた。いや、彼の顔はどうかすると、須賀の宮にゐた時より、更に野蛮な精彩を加へる事もないではなかつた。彼は彼自身気づかなかつたが、この島に移り住んで以来、今まで彼の中に眠....
続文芸的な、余りに文芸的な」より 著者:芥川竜之介
しろうと》の目にもリアリズムに叩きこんだ腕を持つてゐる。その又リアリズムに叩きこんだ腕はマテイスの画に精彩を与へてゐるものの、時々画面の装飾的効果に多少の破綻《はたん》を生じてゐるかも知れない。若しどちら....
[熟語リンク]
-精を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-精彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「精彩」例文/複合語/意味