彩書き順 » 彩の熟語一覧 »文彩の読みや書き順(筆順)

文彩の書き順(筆順)

文の書き順アニメーション
文彩の「文」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
文彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

文彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぶん-さい
  2. ブン-サイ
  3. bun-sai
文4画 彩11画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
文彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
文彩と同一の読み又は似た読み熟語など
可分債権  可分債務  節分祭  部分再販  文才  文采  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩文:いさんぶ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

文彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

それから」より 著者:夏目漱石
貴方《あなた》を呼《よ》んだのです」 代助の言葉には、普通の愛人《あいじん》の用ひる様な甘《あま》い文彩《あや》を含《ふく》んでゐなかつた。彼の調子は其言葉と共に簡単で素朴であつた。寧ろ厳粛の域に逼《せ....
夢は呼び交す」より 著者:蒲原有明
の深い意義が彼が身にも犇《ひし》と伝って来るからである。姫の抱懐する心ばせには縦横に織り込まれる複雑な文彩が動いている。創造の意義である。それゆえに微妙であり清新である。その意義は絶えず生長して行く。 ....
それから」より 著者:夏目漱石
だけの事を貴方に話したい為にわざわざ貴方を呼んだのです」 代助の言葉には、普通の愛人の用いる様な甘い文彩《あや》を含んでいなかった。彼の調子はその言葉と共に簡単で素朴であった。寧ろ厳粛の域に逼《せま》っ....
[熟語リンク]
-文を含む熟語
-彩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「文彩」例文/複合語/意味